マティス展 マティス展

開催趣向 開催趣向

20世紀美術を代表するフランスの巨匠、アンリ・マティス(1869-1954年)。
日本では約20年ぶりとなる大規模な回顧展を、このたび、世界最大規模のマティス・コレクションを
所蔵するポンピドゥー・センターの協力を得て開催いたします。
20世紀初頭の絵画運動であるフォーヴィスム(野獣派)の中心的な存在として活動したのち、
84歳で亡くなるまでの生涯を、マティスは、感覚に直接訴えかけるような鮮やかな色彩とかたちの探求に捧げました。
彼が残した革新的な仕事は、今なお色あせることなく私たちを魅了し、後世の芸術家たちにも大きな影響を与え続けています。
絵画に加えて、彫刻、素描、版画、切り紙絵、晩年の最大の傑作と言われるヴァンスのロザリオ礼拝堂に関する資料も含めて、
マティスの仕事を多角的に紹介する本展は、その造形的な冒険を辿ることのできる貴重な機会となります。
ぜひお見逃しなく、ご期待ください。

開催概要 開催概要



展覧会名

マティス展 Henri Matisse: The Path to Color




会期

2023年4月27日(木)― 8月20日(日)




会場

東京都美術館(東京・上野公園)企画展示室




主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、
ポンピドゥー・センター、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション




お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)




プレスの方からのお問い合わせ

「マティス展」広報事務局(共同PR 内)担当:三井
E-mail : matisse2023-pr@kyodo-pr.co.jp | TEL : 03-6264-2382